[Domestic Conference] 29th Workshop of Special Interest Group for Haptics

Ishikawa (B4) and Ebina (B4) presented their research at 29th Workshop of Special Interest Group for Haptics, Virtual Reality Society of Japan.

海老名健太,蜂須拓:
身体の物理的接触を拡張するウェアラブルデバイス(第11 報):ファントムセンセーションを用いた任意位置振動提示手法,
日本バーチャルリアリティ学会ハプティクス研究会第29回研究会,pp. 17-20,福岡,2022/11/21-22.

石川遼太郎,蜂須拓:
ストループ課題に基づくデフォルメされた触覚刺激に対するもっともらしさの評価,
日本バーチャルリアリティ学会ハプティクス研究会第29回研究会,pp. 11-14,福岡,2022/11/21-22.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Previous article

Transactions of Virtual Reality Society of Japan